« Belden の逆襲 | トップページ | dCS P8i 物語 »

2011年1月 8日 (土)

FM ACOUSTICS FM155

Img_3160
ステレオ・プリアンプ FM155

シングルエンド入出力ラインプリアンプ。別電源仕様(トランスユニットFM102付属)
   ●ゲイン/最大入力レベル/入力インピーダンス:20.5dB/9V/100kΩ
   ●出力インピーダンス:10Ω
   ●入力(Line,Stereo):シングルエンド(RCA)x4
   ●テープ入出力(Stereo):シングルエンド(RCA)x1
   ●出力(Stereo):シングルエンド(RCA)x1
   ●消費電力:10W
   ●寸法/重量:245W×62H×290D(mm)/2.2kg

   ●価格:
¥1,390,000(2007.6-,税含まず)

 
FM ACOUSTICS についてはあまり知られていられないようです。
大阪の日本橋でも聴くことができるお店はあまりなくて,価格が高いということだけが一人歩きしているようです。
ほとんど Stereo Sound誌にしか取り上げられていませんし…。

また,評判があまり好ましくありません。
例えば
  ■社長が結婚するので,値上げをするとか
  ■故障した時の修理代がものすごく高いとか(最近は1モジュール交換で50万円!)
  ■日本製の部品(特にボリューム)を使っているとか
  ■筐体の中身はほとんど空気とか
  ■筐体がペラペラで強度不足とか
  ■価格の上昇が激しいとか(FM155など発売当時の価格から2倍の価格になっています。)

全て本当のことなのかも分かりませんが,この音を一度聴けば何となく納得してしまいます。
それほど素晴らしい音がこのアンプ達を通すと出てきます。
このメーカー製のプリアンプを聴くと,昔の銘プリ(例えばマーク・レヴィンソンのLNPなど)ももう過去の音で,既に「遠くに在りて思うもの」であるのかも知れません。

« Belden の逆襲 | トップページ | dCS P8i 物語 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/50526755

この記事へのトラックバック一覧です: FM ACOUSTICS FM155:

« Belden の逆襲 | トップページ | dCS P8i 物語 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31