« Western Electric 133A | トップページ | ワードクロック »

2011年1月29日 (土)

WEのトランス

takeo2005さんが書かれておられるblog「ウェスタンエレクトリック狂日記」にウエスターンのトランスが詳しく紹介されています。

そこで取り上げられているトランス(に近いもの)を私も所有していますので,紹介させていただきます。

Img_3218INPUT TRANS “618B”

Img_3222INPUT TRANS “285E” 

Img_2001REP TRANS “47A”

プリアンプ(出力10Ω)→(入力25kΩ) 285E (出力600Ω)→(入力600Ω) 47A (出力600Ω)→(入力600Ω) 618B (パワーアンプ入力)

という接続で楽しんでいます。

“285E”はインピータンス・マッチング・トランスとして使用しており,“47A”は音色の調整用として使用しています。

“285E”は残念ながらケースに収納されてしまっており,その勇姿を見ることはできません…。

この中で一番年代が古いものは「純鉄リングコア」の“47A”ですね。
年代は 1920 年代で,餅型トランスと呼んでいるそうです。
ウエスターン・トーンというものがあるのならば,一番その色を感じさせてくれる逸品です。

« Western Electric 133A | トップページ | ワードクロック »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

Jazz Audio's はじめまして。ウエスタンのトランスをお持ちのようなので一言。
618Bが圧倒的に価値がありますし、いろいろな用途に使えます。
とくにオルトフォンなどの昇圧には最高で、これに勝るものはありません。
285Eはパワーのインプットでも素晴らしいです。どちらかというと618Bはもったいないといったところでしょうか?
アッテネーターはウエスタンでも使われているダーバンなどの単独のモノがいいですよ。本来的にはそのように使っています。それ以外では音声ではありません。

Sea Master 様

お世話になっております。

ウエスタンについてお詳しいですね。
またいろいろと教えてください。

本日はニュートリノという素粒子が光より速いことが分かった歴史的な日になるやも知れません。←関係なし!

今後もよろしくお願いいたします。

失礼しました。敬称をつけ忘れ、しかもアッテネータは他の方と勘違いしてしまいました。
今では618Bは非常に高価で手に入らなくなりました。とても素晴らしいものをお持ちです。
私もステレオプリのインプットに使っているというか最初からラインアンプとして付いているだけですが(オルフォンの昇圧)!

Sea Master 様

お世話になっております。

お気になさらないでくださいね。

618Bはもう手の届かない存在ですよねぇ。
そうは言ってもWEのもの全てが高価になってしまいました。
いつかは555Wと思っているのですが…。

今後ともよろしくお願いいたします。

リングコアはいわゆるダストコアで純鉄を粉末にして
酸化亜鉛を混合してプレス加工したものなので
純鉄ではありませんよ。
WEの音声用トランスの古いものはケイ素鋼板です。
http://blogs.yahoo.co.jp/fareastern_electric/59690228.html
112Aトランスの時代にすでにそうでした。

爺面寿春助 様

お世話になります。
勉強不足ですみません…。
ブログ,少し拝見させていただきました。これからじっくりと勉強させていただきますね。
WEに相当お詳しいですね。
また,いろいろと教えていただきたく,よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/50717887

この記事へのトラックバック一覧です: WEのトランス:

« Western Electric 133A | トップページ | ワードクロック »

フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31