« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

Signalyst HQPlayer Desktop

Hqplayerdesktop
最近はミュージックプレーヤーに“ワダラボ”の Wave File Player for Experimental をずっと使わせていただいていたのですけれど,Windows Vista,7 対応の大変素晴らしいミュージックプレーヤーを導入しました。

その名も Signalyst の“HQPlayer Desktop”です。

このソフトはフリーではなくて有償なのですが,“お金を取って聴かせる音”とはやはりこうでなくてはならないと思わせるものです。

このようなこと(お金を取って聴かせる音)を考えさせられたのは,過去にウエスターンの他にはありません!

それと安定性も素晴らしいと思います。また,CDも直接聴くことができます!

ASIO と WASAPI に対応していて,デジタルフィルターやノイズシェービングもこのソフトの中でやってしまおうというものらしいです。

使い勝手もアルバム単位で整理していて,聴くときもアルバム1枚を通して聴くという私には何の不足もなくて良いものだと思います。



Playpcmwin

PlayPcmWin というフリーのソフトも大変素晴らしい音がするソフトなのですが,WASAPI排他モードの実験用プログラムというスタンスで,WAV,AIFF,FLACに対応しています。

実験用プログラムということで,使い勝手は良くありませんがフリーですから仕方ありませんね。



Signalyst の“HQPlayer Desktop”はお試し期間がありますので,一度聴いてみてください。

じぇったい,ビックリすると思います。

2011年6月19日 (日)

外付けCDドライブ

Img_3360
私のノートPCに付いている内蔵DVDマルチドライブで,ずっとストリーミングやリッピングをしてきました。

でも,これって華奢な作りですぐに壊れそうなんです。

んで,外付けのドライブの購入を決心しました。

BDドライブ,DVDドライブやCDドライブといろいろ考えましたが,外付けUSB接続のドライブはあんまり機種がありませんね。

良さそうなのはパイオニアとプレクスター。

その中で,プレクスターのCDドライブである“PlexWriter Premium2”がよさげです。

いまどき,CD専用のドライブです!

でも,既に販売終了製品となってしまっています。

が,何とか入手…。(zappapaさま,どうもありがとうございました。)



ただ,付属のソフトである「PlexTools Professional」は Windows Vista に対応していません!

webでいろいろ調査してみますと「PlexTools Professional LE V3.13」が Vista に対応しているようで,入手してインストールしてみましたが何か動作がぎこちなくて文字化けまでしてしまう始末…。

もう一種類「PlexTools Professional XL V3.16」というものがあって,こちらも入手してインストール…。

嗚呼,これは Vista でも大丈夫でした。良かった…。

この「PlexTools Professional」はリッピング用ソフトとして,前述の「EAC(Exact Audio Copy)」よりも評判がいいんです。

私も両方のソフトでリッピングしてみて聴き比べてみましたが,「PlexTools Professional」の方が短時間でリッピングが完了し,音も滑らかで良いように思います。





2011年6月12日 (日)

LaCieよ,お前もか!

Img_3357
LaCieのHDDを購入後,そのままポン置きしてCDをリッピングして聴いていました。

でも,何か音が悪い感じがする。

CDをストリーミング(CDをそのまま再生する。)した音に比べて,音の重心が上がってパサパサした感じ…。

どうにかならないかと思い,ピュア・オーディオ的な発想でHDDの下に鉛の板(TGメタル)を敷いてみました。

すると音がコロッと変わりました。

嗚呼,これじゃあアナログと一緒じゃあないか!

最終的にはコーリアンボード×二枚重ねの上にTGメタルを置いて,HDDとの間にJ1プロジェクトの青いヤツを挟んで収束しました。(上記写真参照)

ちょっとやり過ぎかなって思いますが,これでリッピングした時の方がストリーミングした時よりも音が良くなった感じがします。

音の重心が下がって,静寂感が出て,音に艶が乗る・・・。

デジタルも根本的な部分はアナログなんだと実感させられる出来事でした。

でも,CDドライブを外付けの優れたものにすればまた逆転するかも???

2011年6月 5日 (日)

最近したこと

Img_3348
最近したことといえば

PCが無線LANに切れたりつながったりするので,無線LANのアクセスポイントを増設しました。

おおもとは Apple の AirMac Extreme で飛ばしているのですが,ちょっと距離と障害物が多過ぎて電波が弱くなっている模様。

そこで AirMac Express でワイヤレス環境を拡張しようというもの。

web では「一杯のコーヒーを飲み終える前にワイヤレスネットワークを立ち上げられます。」とのこと。

私,二杯のコーヒーを飲み終えてもなかなかつながりませんでした。 (T_T)

まあ,無事につながるようになったのでいいですけれど…。

これでCDをリッピングする際にCDの情報(アーティスト名,アルバム名,曲目など)が確実に入手できるようになりました。

Img_3344
さて次は,外付けHDDを購入しました。

USB接続のものです。

日本のメーカーは好かんので,おフランスの LaCie minimus 2TB を購入しました。

時代は進んでいるんですね~。

幅111.0mm×奥行173.0mm×高さ33mmで 2TB の容量です。

まあ RAID 機能はなくて1台のHDDを積んでいるだけですが,この小ささはねぇ~。

驚異です。デザインもなんかいい感じ…。

試したところ,CD一枚をリッピングするのに必要な容量は 1GB もあれば十分ですので,CD2000枚分のデータを貯めることができる!



最近いろいろと調査をしているのですけれど,CDのリッピング用ソフト(リッパー)はEAC(Exact Audio Copy)がいいらしい…。

私も導入してみましたが,確かにいいです。

でもいろんな設定がいるので大変かも~。

メディア・プレーヤーは WavとMP3にしか対応していませんが Frieve Audio が高音質でいいらしい…。

それとWAVE形式のファイルを再生することに特化した“ワダラボ”の Wave File Player の for Reference と for Experimental が大評判!

Wave File Player はPCにインストールする必要もなくて,ファイルをデスクトップに置くだけで機能し,ASIO,WASAPI などのドライバーも関係していないようなのに高音質です。

どうなっているんでしょうね~。

私もこの3種類のメディア・プレーヤーを導入していますが,本当に素晴らしい音だと思います。

PCオーディオを導入すると,超高価なCDトラポは不要です。(喜)

それにアナログのカートリッジを交換するようにメディア・プレーヤーを切り替えて使用するのも面白いですよ。

 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31