« ミュージックプレーヤーのその後 jplay | トップページ | PCトランスポート関連の電源ケーブル »

2011年10月15日 (土)

リニア電源?アナログ電源?ドロッパ電源?

Img_3436
TDKラムダのスイッチング電源はちょっと 小さ過ぎ て 軽過ぎ て頼りないので

リニア電源とかアナログ電源とかドロッパ電源と呼ばれる通常のトランスにより降圧し,整流してコンデンサでリップルをなくすノイズの少ない従来型の電源装置を入手しました。

コーセルというメーカーの型番 GT3 (12V 3A)です。

この前のスイッチング電源が 12V 4.3A ですから,その大きさと重さはやはりこちらの方が信頼感抜群ですね。

でも時代はスイッチング電源に向かっています。というよりはもうスイッチング電源しかないってな感じ…。

TDKラムダでもコーセルでも納期は発注してから約5ヵ月後です。(泣)

在庫もほとんどありません。

私の場合は運良く一台だけ在庫があり,即注文してしまいました。

このリニア電源は FireFace UC に繋いで,エルサウンドのアナログ電源はHDDに繋ぎました。

やっぱりスイッチング電源より,従来型の電源の方が音がピラミッド型となっていいですね。

自分で電源装置を自作できるようにならねば・・・。

 

« ミュージックプレーヤーのその後 jplay | トップページ | PCトランスポート関連の電源ケーブル »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/52996000

この記事へのトラックバック一覧です: リニア電源?アナログ電源?ドロッパ電源?:

« ミュージックプレーヤーのその後 jplay | トップページ | PCトランスポート関連の電源ケーブル »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30