« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

iMacがやって来た!

Img_3469
先週の土曜日の夜にやっとこさ我が iMac が届きました。

嬉しいなぁ!

OSは最新の OS X Lion で~す。

WindowsのPCとOSが違うので全くといって言いぐらい操作の仕方が分かりません…。

哀しい!

でも初期設定やら無線LANへの接続はいたって簡単!すぐに出来ました!

これに比べると Windows は何て複雑なのかしら。

故意に難しくしているように思います。

んで,周辺機器を接続!

懸念していた外付けHDDの音楽データ(WAVファイル)も認識して,読み込めることを確認しました。

ところがどっこい,そう簡単に事は進まずにHDDにデータを書き込むことができないことが発覚!(泣)

何と,OSが異なるとハードディスクのフォーマットの仕方が違うのでしたとさ。

何とかデータを読み込めるので,iMac のHDDに保存。約2時間の作業です。

んでんで,外付けHDDをフォーマットし直してから,またまたデータの移動。これもまた約2時間の作業です。

でもCDをリッピングし直すよりも,ずっと時間が少なくて済みます。(その上,リッピングソフトもまだ決まっていないし~,インストールもしていないし~)

データをコピーしたら音が悪くなるという噂も聞きますが,この際仕方なし…。

Fidelia
この一週間ずっと考えていたのですけれど,Macの場合にはミュージック・プレーヤーは絶対 iTunes との連携が必要だと思うに至りました。

iTunes のデータの管理方法と操作感は他のソフトとは比べられないほど優れていると思います。

んで,iTunes との連携なら【Amarra MINI】が最も親和性に優れているとのことでしたので,試用版(15日間)を Sonic Studio のHPからダウンロードしてインストール。

ところが最新版の【Amarra MINI 2.3】でも iTunes の64ビットモードへの対応を保障していないようで,iTunes を32ビットモードに切り替える必要があるようです。

また,最新の【Amarra MINI 2.3】はアクティベーション・コードを入力すればオーソライズされるのですけれど,日本では輸入商社の AZ・AUDIO が認めておらずにパッケージ販売となるとのこと。
メールでアクティベーション・コードを送れば済むところなのに…。

それどころか【Amarra MINI 2.3】の現地販売価格は,16,000円ほどであることが Sonic Studio のHPでわかるのですけれど,日本での販売価格は39,900円であることを確認しました。

こんなんじゃぁ,全く購入する気持ちになりませんよねぇ。音も悪く聴こえてくるようになりました。

企業努力も何もせずに無駄なものにコストをかけて価格が高くなっていることを全然理解していないじゃないか!  これはや~めた!

次は【Audirvana Plus】の試用版(15日間)をダウンロードして使用してみました。

このPlus版からiTunes との連携も考慮されているようで,実際に使ってみても【Amarra MINI】と操作性において大差なく大変優れています。

ちょっとGUI(Graphical User Interface)が安っぽい感じ。ボリュームのつまみを回せば分かります。

音については少し腰高な感じがしました。大変すっきりしており,ちょっと低域が締まり過ぎ?

最後に【Fidelia】も試用版(15日間)をダウンロードして使用してみました。

ちょっと【Fidelia】は iTunes との親和性に難ありという感じです。

音については静寂感が大変優れていて,低域も厚くてゆったりと音楽が流れていく感じです。 いや~,最高ですなぁ。CDプレーヤーの出す音を完全に超えています!

GUIが随分と大きいサイズのようですが,ミニ表示にすれば高級感もあっていい感じです。

iTunes との親和性に問題がありますが,有難いことにweb上で iTunes と Fidelia の連携スクリプトを公開してくださっている方がおられますので,それを使わせていただきました。

これで随分と使い易いものとなりました。 これが上の画面のものです。

音も非常に良くて,使い勝手も良いとなれば【Fidelia】に決まりです。

HPから代金を支払い,すぐにアクティベーション・コードも送られてきました。

私が購入したのは【Fidelia】本体とアドオンの【Fidelia Advanced】で,合計 $69.98 でした。日本円で 5,602円です。

リッピング・ソフトについては X Lossless Decoder (以下XLD)を導入しました。

これは非常に信頼感に富んだものでした。 Windows のEAC も真っ青という感じです。


2011年12月24日 (土)

Mac用ミュージック・プレーヤー

先週の土曜日に注文した iMac はまだ手元に届いていません…。

もう一週間も経っているのに…。

でも,私の住んでいる町の宅急便の営業所までは来ているようです。

もう少しの辛抱です。(いらちなもんですみません。)

私の iMac の仕様は以下の通り。

システム構成

1.ディスプレイ:21.5インチ LEDバックライト
2.プロセッサ:2.8GHzクアッドコアIntel Core i7
3.メモリ:16GB 1,333MHZ DDR3 SDRAM-4x4GB
4.ストレージ:1TBシリアルATAドライブ+256GBソリッドステートドライブ
5.グラフィックプロセッサ:AMD Radeon HD 6770M 512MB GDDR5
6.OS:OS X Lion

Mac Pro は高価過ぎて,全く手が出ませんでした…。sad

iMac はオーディオ専用にしたいと考えています。

webで探ってみると,Mac用ミュージック・プレーヤーは種類も多くて迷ってしまいますね。

oneまずは【Fidelia】がよさそう。

Fidelia

Fidelia 本体の価格は $19.99 で,アドオンの Fidelia Advanced は $49.99 です。

two次に【Audirvana Plus】がよさげです。

AudirvanaAudirvana Plus の価格は $49 です。

ところで Audirvana ってどういう発音するんでしょうか?

“オーディアヴァナ”って発音するのかなぁ?

Amarra MINI 2.3 は定番のようですが,随分お高くて 39,900円 で AZ・AUDIO が販売しています。

でも Amarra MINI はもうちょっと旧くなってしまっているのかしら?

んで,どうやって購入したらいいのか分かりません。

いや~,こうして想像しているのも楽しいですなぁ~。

 

2011年12月17日 (土)

JPLAY on foobar2000

Jplay_metregon1
JPLAY が Version4a へと進化しました。

iTunes やfoobar2000 のフェイス(スキン)を使って,音楽の再生は JPLAY が担うというものです。

今までのコマンドで操作する JPLAY も良かったのですけれど,音を犠牲にしないで操作性の良い美しいフェイスがあれば尚更良いと思います。

まずは iTunes で試してみたのですけれど,さすがに iTunes は重い!

軽快にサクサクと動く JPLAY が良かったのに,これではその良さが半減です…。

んで,これも軽快に動く foobar2000 に乗りかえました。

foobar2000 はそのスキンを自由に弄ることが可能です。

上の画面のようなスキンをインターネットで探してきてインストールしちゃいました。

バックの背景はもちろん我家のメトちゃんです!

タスクバーに JPLAY と foobar2000 のアイコンが見えるでしょう?

これが重要なんですね。foobar2000 だけだとちょっと音が薄い…。

foobar2000 の操作感で音は JPLAY …。これはハマりますねぇ。

ところで,また暴走してしまいました。

クリスマスの頃に届くと思います。

またまた借金してしまった…。

やっときれいな身体になったと思ったのに…。

Imac

2011年12月 3日 (土)

PCトランスポートのインシュレーター

Img_3456
ブログの更新を一ヶ月ほどサボってしまいました。

私はなんとか生きています…。

年も押し迫って参りました。

皆さま,お身体を大切になさってくださいね。


PCトランスポート関連機器にインシュレーターを追加しました。

オヤイデの“INS-SP”と“INS-US”と“INS-CF”です。(オヤイデさんから写真を頂きました。)

Ins_sp_540_4 Insus540_5 Ins_cf_540_2 “INS-SP”と“INS-US”の組み合わせはオーディオインターフェイスとクロックジェネレーター,そして外付けHDドライブに使用しました。

“INS-CF”はHDドライブを載せているボードの下に使用しました。

高域が伸びて,低域が締まって聴こえるんですね。

Img_3455
高域が伸びて聴こえるようになったついでに,スーパーツィーターの水平方向と垂直方向の向きの調整も久しぶりに行いました。

あらぬ方向に向けていましたが,耳に向けて設置し直しました。

低域カットのコンデンサもWEの 1μF のものだけにしました。

もうこれではスーパーツィーターの帯域ではなくて,ツィーターの帯域でしょうね。

今まで聴こえなかった音が聴こえてきました。

でも,昔オリジナルのネットワークを使っていた時のように音はきつくなくて出しゃばらず,いい感じです…。


年末に向かって忙しくなりますので,皆さんも頑張ってください。

私は今日,年賀状を作成しました。

でも,私は貧乏ですので暇人ですが・・・。(本当ですよ!)

私と同じ暇人の方,そうではなくて忙しい方も是非とも聴きに来てくださいませ!

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31