« Waves プラグイン | トップページ | 水晶玉 »

2012年2月19日 (日)

Birdland Jazz Club (N.Y.C, USA)

Ir1
Ir1_header_jp
iZotope OZONE5に組み込まれているリバーブは全く使い方が分かりません!(まぁ,恐らくは他のいろんなリバーブも私にとっては難解なものなのでしょう…。) (汗)

こんなことでは私の理想とする Jazz Club で,大好きなJazzを聴くような音場感を得ることはとても困難なことであるように思います。

そこで Waves Audio社の【IR-1 Parametric Convolution Reverb】を導入してみました。

“ウェンブリー アリーナ。グランオールオプリー。シドニーのオペラハウス。CBGB’s。バードランド。
世界最高の舞台でレコーディングしたいと思いませんか?
今や、そ れは可能です。
IR1を使用すると,これらのサウンドを精密にキャプチャし,他の多くの有名な空間をあなたの手元にもってくることができます。
お気に入りの部屋でハードウェア を使って,音声の特徴をキャプチャすることができ,ピンポイントの正確さで残響を形作ることができます。
みんな大きい部屋で演奏したいと思うでしょう。 IR1で,それを実現できます。”

という謳い文句につられて,ついつい…。お小遣いもないのに…。来月のお小遣いを当てにして…。

んで,その感想は?

わ,わ,わたしをニューヨークにあるジャズ・クラブの“バードランド”へ簡単に連れて行ってくれました!(私はもちろん,バードランドへ行ったことがないので本当の音場感が得られているのかは分かりませんが…。)

それもステージ前のかぶりつきです!

ただ,Impulse Responseのデータを記載しているIRファイルが何処にあるのか?なかなか分かりませんでした。

やっと,下記サイトからダウンロードするんだということが分かりましたので,即ダウンロードしました。

http://www.acoustics.net/ 

やったネ!!

教会やオペラハウス,クラブなど,沢山のデータがあります。

で,即“バードランド”を選択して,聴いてみました。

音に“艶”が付加され,フワッとしたジャズ・クラブの空間が目の前に現れましたネ。

いや~,いいもんです。

次はシドニーのオペラハウスにでも行ってみようか?

PCオーディオを導入してから,ケーブル(電源ケーブル,ラインケーブル,ディジタル・ケーブルやスピーカー・ケーブルなど)やインシュレーターなどのオーディオ・アクセサリーに(私にとっての)大金を注ぎ込んでいた行為が,なんか無意味だったように感じられてきます。

ケーブルについてはWEのケーブルで十分です。
数十万(時には百数十万)もするケーブルを繋いでも,PCにおけるパラメトリック・イコライザーやリバーブ,ディレイなどのエフェクターほどの効果は発揮してくれませんものネ。

インシュレーターにしても同様です。

しっかりしたものを使っていれば,問題ないと思います。

でも,iMacの電源ケーブルは何とかしたいな…。(大笑)

« Waves プラグイン | トップページ | 水晶玉 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/54020946

この記事へのトラックバック一覧です: Birdland Jazz Club (N.Y.C, USA):

« Waves プラグイン | トップページ | 水晶玉 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30