« DAVENアッテネーター | トップページ | DAVENアッテネーターの大きさ »

2012年4月29日 (日)

Siemensのケーブル

Img_3529_r
最近,ドイツ製のフィールド型(励磁型)のスピーカーに非常に興味があります。

ユニットで入手して,平面バッフルか後面開放型のボックスに取り付けて鳴らしたら良い音がするだろうなぁ…と。

ドイツのメーカーにもいろいろとあり,有名どころと言えばクラングフィルム(ジーメンス),ノイマン,テレフンケンなど。

この前もアッテネーターを考えた場合,ドイツ製のフェーダーを選択するという手法もあった訳です。

エックミラー,テレフンケン,ジーメンスやノイマンなどのフェーダーを使ってみたいとも思った訳です。

フェーダーの場合,パッシブ・タイプとアクティブ・タイプがあるようです。

アクティブ・フェーダーの場合はプリアンプの代わりに使うようです。

でも,ドイツのフェーダーは業務用ですので前後に接続する機器とインピータンス・マッチングを取る必要があります。

ドイツの場合,200オームの低インピータンス伝送が多いようですので,現在のローインピータンス送りでハイインピータンス受けが一般的なシステムに組み込むのはちょっと問題があるのかな?

まあアメリカのウエスターンを代表とする業務用機器も600オームの低インピータンス伝送がメインですので,文句は言えないのですけれど…。

でもまあ,今は先立つものがない(貧乏)のでフィールド型スピーカーもフェーダーも購入できる状態ではありません!

夢を見るぐらいは許してくださいな…。

Img_3530_r
んで,どうしてもドイツ製のものを使いたくなった訳です。

それで,お財布が許す範囲でジーメンスのシールド・ケーブルを入手しました。

「ジーメンスのデッドストックケーブル,ダブルシールドマイクケーブルを使ったハンドメイド RCAピンケーブル。非常に緻密な2重シールドが施され,アルミ箔,2本の吸湿材,単線2本,という大変凝った構造になっています。外径約4mmでしなやかです。 RCA端子はSWITCHCRAFT製。音はシャープで高解像度です。」

ということです。

現役のノイマンのマイクケーブルを使ったケーブルは手持ちにありますので,これと組み合わせてみようかと…。

ところで昔は「ジーメンス」と言っていましたよねぇ。今は「シーメンス」ですよね?

どちらが正しいのかしら??smile




« DAVENアッテネーター | トップページ | DAVENアッテネーターの大きさ »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

Jazz Audio様 御無沙汰しております。
突然で失礼ですが285Eをお出しになるつもりはありませんか?ちなみにノイマンのアクティブフェーダーとの交換などは考えられませんでしょうか?

S.Master様

ご無沙汰しております…,とは言いながらもどなた様かはっきりとは理解できずにおります。(失礼!)

ところでWE285EのInput Transは,もう私の手元にはございません…。

すみません。軍資金がないため身売りしてしまいました。

S.Master様はノイマンのアクティブフェーダーをお持ちなのでしょうか?

羨ましい限りです。

ずっとお手元に置かれて,その素晴らしい性能をお引き出しになられますよう心から願っております。

また,よろしくお願いいたします。

すみません。名前を少し省略しました。
フェーダーはST,MONOと持っていますが使っておりません。ダーバンのアッテネーターも多数持っております。
285E残念でした。

私はTA7381に使われているTA4190を使っております。Jazz Audioお使いのダーバンのアッテネーターはかなり新しくもっとも後期のタイプと思います。ダーバンの古いものは巻き線タイプで特にスライダーの端子が銅であるものが最高です。銀はどうしても癖が乗ります。
結線はシールドで間違いありません。

S.Master様

お世話になります。

参考にさせてください。
フェーダーをお使いにならない理由はどういうものなのでしょう?
・やっぱりウェスターンのアッテネーターの方が音がいいからでしょうか?
・フェーダーの入出力が200Ωで使いにくいからでしょうか?

ウェスターンの機械の値段が高騰している現在,ウェスターンと同等の性能を有する機械はもうドイツ製のものしかないと私は注目しているのですが…。
やっぱりテレフンケンやノイマンもウェスターンには敵わないものなのでしょうか?

結線はシールド線に交換いたします。ご教示どうもありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

私の場合、基本的にドイツ系の音が好みに合わないということです。
ノイマンのコンソール型16インチターンテーブルにビルトインしているEAGのフォノイコライザアンプもやはり同じでした(これも眠っておりますが出来は信じられないぐらいのものです)。ただドイツ系はフォノアンプ(プリ)のゲインが高すぎてWEと組み合わせが簡単にはできないので完全に理解したとはいえませんが、明らかに好みの方向ではないようです。WEのほうが人間的ということでしょうか?WEプリは組み合わせで相当安価に(ただしin,outトランスは別)できると思います。アッテネーターも先ほど申し上げましたが銅のものでWEではないものがありますので、これは超お宝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/54584272

この記事へのトラックバック一覧です: Siemensのケーブル:

« DAVENアッテネーター | トップページ | DAVENアッテネーターの大きさ »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31