« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

ネットワークのリメイク

Img_3570
現在,ずいぶんと気分が落ち込んでいまして,余計なことを考えないようにとハンダゴテを握ることにしました。

スーパーツィーター用のハイパス・ネットワークの構成機器が固定されてきましたので,仮のバラック作りからちゃんとしたものに作り直しました。

今まではコンデンサやらアッテネーターをすぐに取り替えられるように配線をネジ止めにしていましたので,信号経路に端子などの余分なものがずいぶんと入っていました。

また,配線もその時々に手元にある適当なものを使ってしまっていました。(単線あり,より線あり,銀線あり…)

んで,とってもスッキリしました。

でも,同じものを二つ作るのは大変だ~。

Img_3572
気分は少しスッキリしましたが,なかなか音楽に集中できる気持ちにはなりません…。

どうしたものか…。

2012年5月26日 (土)

75Ω ディジタルケーブル

前々回のブログでディジタルケーブルのインピータンスの大切さを実感しましので,そのインピータンス値が正確であればそれで良いのか?ということで下の画像のものを使ってみました。

Img_3563
Belden 1506Aケーブルと WBT-0110Cu RCAプラグを組み合わせた,ケーブル・プラグ共に75Ωを保証するものです。

オヤイデの DR-510 は恐らくはプラグまで 75Ω を保証していないので,プラグまでインピータンス 75Ω を保証したらさぞかし素晴らしい音がするものと信じて…。

こ,こ,これは…,全く駄目ですね。薄っぺらな音しかしません。ケーブルもプラグも軽量ですのでその為か,音に重厚さが全然ありません。

いつもの Belden の安っぽい音,そのものです! ちゃらちゃらした耳障りな音です。

私は Belden が大嫌いなので,評価が厳しくなることをお許し願います。

オヤイデの DR-510 の方がずっと重厚な音で,高域も薄っぺらではありません。


Img_3564
そうこうしているうちにヤフオクで,ついついポチッとしてしまったディジタルケーブルが知らないうちに落札されていました。

いつも私が入札した金額はすぐに高値更新されるので,今回も全く期待していませんでしたが…。

何の因果か,今回はすんなり落札! うわっ,うわっ,支払うお金がない…。 どうしたものか…。

まあ,ええやんか,何とかなる…,これも何かの縁…という軽いノリで我家にやって来ました。

NBS(Nothing But Signal)のRCAディジタルケーブル“MASTERⅢ”です。

NSBといえば,私は「悪魔のケーブル」と認識していました。

ものすごく高価,固い,重い,太い,曲がらない…。

まさにその通りでした。

ラックを3cmほど前に移動して,接続するSACD/CDプレーヤーもラックの最前列まで移動させて壁との距離を増やさないと,ケーブルが曲がらないので接続できないのです!

やっとケーブルを接続しても,RME Fireface UC の端子が「メキッ」と音をたて,ラックに平行に置けずに斜めになった状態でなんとか納まりました。

Img_3568
上の画像のような状態です。

RME Fireface UC につながっている一番左側のケーブルが NBS の“MASTERⅢ”です。

その右側がクロックを入力するための JORMA DESIGN の“JORMA DIGITAL”です。

さらにその右側が USBケーブルの TRANSPARENT の“Performance USB Audio Cable”です。

ちなみに NBS はまさしく“悪魔のケーブル”でした…。

出てくる音が素晴らしいのです。

音楽的にもオーディオ的にも素晴らしい!

目の前に女性ボーカルが,サックスが,ベースが,ドラムスが…。

実際に目の前で演奏してもらっているような感じと言ったらよろしいかと…。

うわっ!ヤバイ…。






2012年5月24日 (木)

スーパーツィーターのネットワークの改良

Img_3548
スーパーツィーターのネットワークの減衰量を -6dB/oct から -12dB/oct に変更しようと考えました。

ローカット用のコンデンサが 1μF とスーパーツィーター用としては若干大きいと思いますので,減衰量のスロープを大きくして少しでも低い周波数の信号が入らないようにしたい…との思いからです。

まあ,コイルを追加するだけですので大した出費にならないだろうと…。

そこでコイルの容量の見当を付けなければなりません。

理論的に計算式で求めるのが筋ですが,コンデンサの容量を選定する時に試してみた経験上,よく分からないというのが本音です。

んで,ツィーターの 075 をつないでいる JBL N7000 ネットワークのコンデンサ容量とコイル容量を参考としました。

N7000 のコンデンサ容量  1.5μF
N7000 のコイル容量     0.6mH

スーパーツィーター用のコンデンサ容量が 1μF ですから,コイルの容量は 0.3 ~ 0.4mH ぐらいが適当ではないかと…。

次にコイルの銘柄ですが,web上では Jantzen やsolen など良さそうなものがあるのですけれど,大阪の日本橋では見当たらなかったですね。

もう大阪の日本橋でこのようなオーディオ用の部品を扱っているお店はほとんどありません!

河口無線で2種類の銘柄のコイルを発見(!)しました。

FOSTEX製のコイルは“made in China”であったので,全く購入意欲が湧きませんでした。

もうひとつの銘柄は MUNDORF です。 “made in Germany”です。

こいつは少々お高いのですが,そのつくりがもの凄いものです。

JBL N7000 の 0.6mH のコイルは,ミシンのボビンくらいの大きさ(鉄心入りですが)なのに,この MUNDORF 0.33mH の大きさ・重さときたら…。

Img_3549
んで,組み込んでみたのが上の画像です。

実際,鳴らしてみますとこれでなかなかええんとちゃうかな~。

チャンチャン!

2012年5月22日 (火)

“ディジタルケーブルのインピータンスの重要性”を知る!

Img_3519_r
前々回のブログで「“Pure Music”で音楽を再生すると高域が鈍るので,最近独逸製のケーブルやなんかで高域を出そうとしていたのですけれど…,もうどうにもならないみたいです。」ということを言ってしまいました。

ところが,この症状が“Fidelia”でも“Amarra”でも出てきてしまいました…。

高域が鈍るし,低域の締まりもなく音がブヨブヨになってしまいました。

最初はWavesのプラグインを多用すると音がボケるのかと,プラグインの数を減らしてみたりいろいろ試してみましたがそういうことでもないようです。

最後にはツィーターが鳴っていないんじゃないかと疑ったりもして…。

ここら辺りがPCオーディオ(PCトランスポート)の限界かとも思いましたが,以前はこんな「しょうもない」音ではなかったんです。

んで,最近弄った箇所を思い出してみました。

技術的に真っ当なことをしていない部分があるのではないかと…。

ありました,ありました!!!

RME Fireface UCからdCS P8iまでのディジタルケーブルをアナログ伝送用のWEのインコネに交換していました。

この部分は75Ωのディジタルケーブルを使わなくてはならない部分です。

WEのケーブルが良いからといって,それをそのままディジタルケーブルとして「最低限の決まり事」を守らずに使っていました。

この部分を元のオヤイデのディジタルケーブルに戻しました。

こいつです。Dr_510_500オヤイデさんから画像をいただきました。ありがとうございます。

おお!何たることか…。

シンバルの音がビシッと出て,ベースの音もプリプリしている。

ディジタル伝送におけるケーブルのインピータンスの重要性に改めて気付かされました。

WEのケーブルではディジタル信号の反射が無数に発生して,音がボケボケになってしまっていたのでしょう。

反省です。

ちゃんちゃん!




2012年5月20日 (日)

Klangfilmのケーブル その2

Img_3545
独逸-クラングフィルム製のケーブルの2本目を入手しました。

前回は長さ90cmで,今回は長さ150cmです。

これでラインケーブルは全て独逸製のケーブルとなりました。

ジーメンス → クラングフィルム → クラングフィルム → ノイマン

です。

独逸製のケーブルを使ってみて感じたことは

静寂感がすごいですね。

そして美しい音がします。

対して,WEのケーブルは躍動感に富んだ音です。

どちらを選択するかは好みの範疇…。

私は独逸製を暫くの間,使ってみようと思います。

2012年5月 6日 (日)

最近のミュージックプレーヤー

ゴールデン・ウィークも今日で終わり…。

今日は“うだうだ”します。

Amarra_2
ところでSonic Studioの“Amarra”と“Amarra MINI”がバージョンアップされましたね。

Ver.2.3からVer.2.4へバージョンアップとともに,“Amarra MINI”がなくなり“Amarra HiFi”がリリース。

“Amarra MINI”のライセンスを持っている人(私です!)は,“Amarra 2.4”へ無償でバージョンアップできます。

すっごく「お得感」がありますが

  Amarra 2.3        国内販売価格 \79,800
  Amarra MINI 2.3     国内販売価格 \39,900

もしましたが

  Amarra 2.4        $189(USD)
  Amarra HiFi 2.4     $49(USD)

と価格が大巾下落です。

今までのお値段は何だったんだ!(怒)

私はもったいないので“Amarra 2.4”にバージョンアップしておきましたが…。

Pure_music_2
CHANNEL Dの“Pure Music”はVer.1.86からなかなかバージョンアップされません。

Wavesのプラグインが64-bitをサポートしましたが,これが使えません!

“Pure Music”自体が32-bitのソフトなんでしょうね。

Wavesのプラグインが使えるので,“Pure Music”を常用していたのに…。

“Pure Music”で音楽を再生すると高域が鈍るので,最近独逸製のケーブルやなんかで高域を出そうとしていたのですけれど…,もうどうにもならないみたいです。



Fidelia
そこで今までAudiofile Engineeringの“Fideria”が,私のアクティベーションの不手際で使えなくなっていたのですけれど,Ver.1.2.0にバージョンアップされたのを機会に再度インストールにチャレンジしてみました。

んで,見事復活しました。

“Fideria”は新しいソフトですので,Wavesの64-bitプラグインが使用可能です!

ただ,“iTunes”との連携プレイができませんので正直,操作はやりにくいです。

しかし,その音の素晴らしさは“Amarra”や“Pure Music”よりも頭ひとつ抜きん出ているように感じています。

今後は,“Fideria”を常用のミュージックプレーヤーとして使うつもりです。




2012年5月 3日 (木)

Klangfilmのケーブル

Img_3537_r
独逸-クラングフィルム製のケーブルを入手してみました。

「1950年代ドイツ・クラングフィルム・プロのシールドケーブルを使ったハンドメイドRCAピン ケーブル。ブラックエナメル単線にコットン+シルク+ワックス。芯線を保護する2重のメッシュ。全体をシールド処理されたビンテージケーブルです。RCA 端子はSWITCHCRAFT製。」

だそうです。

Kl01
入手先の“module”さんよりケーブル構造の画像をいただきました。ありがとうございます。

とっても良い音がしそうなケーブルです。

永年の“勘”というヤツですね…。

プリアンプとWEのトランスの間をつなぐケーブルとします。

Img_3543_r
この間をつないでいたWEのケーブルと2ショット!

どちらがいいのやら…。

外観はクラングフィルムですね。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31