« 最近のミュージックプレーヤー | トップページ | “ディジタルケーブルのインピータンスの重要性”を知る! »

2012年5月20日 (日)

Klangfilmのケーブル その2

Img_3545
独逸-クラングフィルム製のケーブルの2本目を入手しました。

前回は長さ90cmで,今回は長さ150cmです。

これでラインケーブルは全て独逸製のケーブルとなりました。

ジーメンス → クラングフィルム → クラングフィルム → ノイマン

です。

独逸製のケーブルを使ってみて感じたことは

静寂感がすごいですね。

そして美しい音がします。

対して,WEのケーブルは躍動感に富んだ音です。

どちらを選択するかは好みの範疇…。

私は独逸製を暫くの間,使ってみようと思います。

« 最近のミュージックプレーヤー | トップページ | “ディジタルケーブルのインピータンスの重要性”を知る! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/54753296

この記事へのトラックバック一覧です: Klangfilmのケーブル その2:

« 最近のミュージックプレーヤー | トップページ | “ディジタルケーブルのインピータンスの重要性”を知る! »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31