« 来ました! 1/35 TIGERⅠ | トップページ | 独 TIGERⅠ型 重戦車 サザエさん搭乗車 »

2012年7月27日 (金)

オーディオとプラモデルの共通点

Img_3676_r
いや~,プラモデルの製作はなかなか難しいし,根気と集中力が必要です。(泣)

エッチングパーツセットを組み込むのは困難です。

老眼で全く見えないんで,見えないものは組み立てられません…。

んで,エッチングパーツは最小限のパーツを選択して組み立てることにしました。

やっとこさ砲塔の部分が形になってきました。

まだまだ車体や車輪,履帯(キャタピラ)などのしんどい部分がてんこ盛りです。

組み立てが完了すると塗装をしなければなりません。

完成はまだまだ先ですね。



ところでオーディオとプラモデルの共通点に気が付きました。

どちらも「本物」(オーディオの場合は音楽)に対する「虚像」の世界です。

オーディオの場合,昔はよく言われていた「原音再生」ですね。

でも「原音再生」はオーディオでは無理です。

ですから,ちょっとだけデフォルメして「生以上の生々しさ」を目指しています。

プラモデルでも同じです。

例えばドラえもんの「スモールライト」を使って,本物の「タイガーⅠ型」を 1/35 にしたからといって,実物さながらの模型となるかと言えばそんなことはないでしょう。

やはり少しデフォルメして,本物から感じる感覚をちょっとだけ誇張すればますます本物の雰囲気が出てきます。

んで,オーディオの場合はイコライザーを導入していろいろと触ってみるのが面白いと思います。

単体のイコライザーは高価ですので,ソフトのイコライザーを導入できるPCオーディオが生きてくるのです。

ソフトのイコライザーはプロのスタジオで使っているものでも1万円程度でしょう。

皆様も一度お使いになられることをお勧めします。




« 来ました! 1/35 TIGERⅠ | トップページ | 独 TIGERⅠ型 重戦車 サザエさん搭乗車 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/55289736

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオとプラモデルの共通点:

« 来ました! 1/35 TIGERⅠ | トップページ | 独 TIGERⅠ型 重戦車 サザエさん搭乗車 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30