« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

久々にオーディオ

久し振りにオーディオのお部屋とオーディオ機器を掃除出来ました。(*^_^*)

確かこの前,掃除したのはGWの終り…。

約7ヵ月振りですな…。

いや~,埃だらけでした。(誇り高き装置なんちゃって…。親父ギャグ!すんません…。)

現在ず~と,パワーアンプの電圧増幅管はムラードの“EF37A”を使っています。

コスパが抜群なんです。

\3,000/本でこの音が出るとは驚きです。

WE348Aに勝るとも劣らないのです!

フェラーリの赤とも共通点があるし…。(何のこっちゃ!)

Img_4348_r
iMacのミュージック・プレーヤーは最新の“Amarra v2.4.5”を使っています。

iTunesの最新版が出て,その操作性と画面の美しさ・シンプルさに心惹かれました。

Amarra v2.4.5が出て,動作も安定しており,音も良いんです。

Amarra245_r
“pure music”はホントにバージョンアップがなかなか無くて,やっとこの間 v1.88a にバージョンアップされましたが,最新のiTunesでは動作が安定していません。

Wavesのプラグインも最新のものは使用できないし,音もあまり感心しません。

もう開発者がやる気を無くしたのでしょうか?

ケーブル類はドイツ製のもので統一しています。(ジーメンス,クラングフィルム,ノイマン)

低域も厚いし,高域も綺麗です。

機器の入れ替えを止めて音も変化しないのかと思っていたのですけれど,音が安定してきてすごく良くなったように思います。

このようにオーディオの記事はアップしていませんでしたが,音楽をとっても楽しんで聴いています。

2012年12月30日 (日)

660馬力6リッターV型12気筒エンジン

Img_4330_r
660馬力を発揮する6リッターV型12気筒エンジンが出来ました。

エンジンでもフェラーリはお洒落ですね。

レッド,ブルー,ブラックやゴールドが良い感じです。

レッドでも今回は艶消しレッドです。

ブラックもセミグロスや艶消しです。

基本となるシルバーにおいてはフラットアルミやクロームシルバーなどを適宜使い分けます。

マフラー(排気筒)は艶消しのシルバー・メッキが施されていましたが,パーツの金型の合わせ目による筋やニッパーでの切り出し部分,部品の合わせ目などを処理していますとその部分のメッキは剥がれてしまいます。

メッキの剥がれた部分をクロームシルバーで補修するか,メッキ部分全体をクロームシルバーで塗装してしまうか悩むところです。

今回は何かメッキがちゃらちゃらしているように感じましたので,クロームシルバーを全体に吹き付けました。

Img_4334_r
Img_4337_r
Img_4343_r
Img_4345_r
Img_4347_r
なかなか良い感じ…。

2012年12月22日 (土)

TAMIYA 1/12 ENZO FERRARI

Img_4307_r
何とか無事に入手することができました。

TAMIYA製 1/12 ENZO FERRARI。

全長約40cmの大型ディスプレイ・モデルです。

プラモデルとしては非常に高価なものです。

Img_4309_r
昔,中学生の頃に 1/12 ポルシェやフェアレディーZにチャレンジしましたが塗装が難しくて挫折した記憶があります。

今度は上手く製作できるかな?

Img_4313_r
Img_4315_r
Img_4317_r
Img_4321_r
Img_4323_r
Img_4311_r
Img_4327_r
エッチングパーツは 1/35 戦車プラモデルのように非常識(?)な小ささではありません。

よかった…。

AFVのプラモデルのようにオプションの部品もなくて,追加出費が少ないのも魅力的ですな。

これで,私もフェラーリのオーナー???

2012年12月21日 (金)

TIGERⅠ“007号車”をショー・ケースに入れる!

Img_4297_r
TIGERⅠ“007号車”をショー・ケースに収めました。

土台には紙粘土とパステルにより,地面を表現してみました。

少々の雑草と一本のえぞ松を表現してみました。

履帯(キャタピラ)跡も入れてみました。

如何でしょうか?

Img_4300_r
Img_4301_r
Img_4302_r
デカールも何とか全て貼り付けました。

これで全て出来ることは終わりました。

見事,完成で~す。

子供の頃の夢がひとつ実現出来ました。

次は 1/12 エンツォ・フェラーリを作ろうかな?

2012年12月11日 (火)

二匹の虎・壱

2台のTIGERⅠを並べて撮影してみました。

1台目は“サザエさん搭乗車”である初期生産型で,2台目は“ミハエル・ビットマン最後の搭乗車”である後期生産型です。

初期生産型はタミヤ製で,後期生産型はドラゴン製です。

口惜しいけれど,ドラゴン製の方が実車の雰囲気を上手く伝えているようです。

タミヤ製は少し車高が高過ぎる感じがします。

Img_4238_r
Img_4247_r
Img_4250_r
Img_4255_r
Img_4257_r
Img_4259_r
Img_4261_r
いや~,でもTIGERⅠはカッコいいな~。

2012年12月 7日 (金)

TIGERⅠ“007号車”組み立て完了!

やっとデカールの代わりを見つけました。

インスタント・レタリングで~す。

Img_4153_r
上の画像の“007”は一番最初にチャレンジしたものです。

後から砲塔を車体に取り付けて,繁々と眺めてみるとTIGERⅠが少し吊り目に見えてやり直しました。

下の画像です。

Img_4155_r
フィギュアと並んで号車番号を撮ってみました。

好い感じです。

Img_4181_r
下の画像は付属の砲弾と収納箱です。

Img_4196_r
んで,完成の記念写真を撮影しました。

Img_4175_r
Img_4191_r
Img_4183_r
Img_4184_r
Img_4188_r
これで「TIGERⅠ製作プロジェクト」は完了です。

次は何をしようかな…?


 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31