« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月18日 (水)

美味しそう…!???

以下の記事については全くの嘘ですので,似たようなキノコを見つけても絶対に食べないでくださいね!  お願い申し上げます。

毎朝,ウォーキングをしている市の中央公園で美味しそうなキノコ達を発見しました。

Dscn1558_r

   ご来光です。ありがたいことです。

Dscn1544_r
Dscn1547_r

   実に美味しそうで立派な「松茸」ですな。

   やっぱり「松茸」は木の根っこ付近に生えているようです。

Dscn1549_r
Dscn1553_r
   「しめじ茸」ですな。

   白っぽい茎部分と灰色の笠が見事です。

Dscn1552_r

   これは「なめこ」ですな。

   お味噌汁にしていただきたい…。

Dscn1556_r

   これは「木耳」ですな。

   色が白いですが,突然変異か??

Dscn1562_r

   おまけデス…。

   私が来世に生まれ変わりたい「春木川の亀」達と鯉(?)です。

   実に悠々と浮かんでいます。

やっと少し秋らしくなってきましたね。

今年の夏は暑くて「死ぬか」と思いましたが,まだ生きています!

まぁ,別に死んでももうこの世に「未練」はないのですけれど…。

これが「無」の境地かな?

唯一,興味のある「オーディオ」についてもやり遂げた感があります。

宝くじでも当ったら,別の方向へ進む気力も湧いてくるのでしょうけれど…。


2013年9月 6日 (金)

Siemens Shield Cable を入手しました。

Dscf0004_r
Siemens Shield Cable(2芯シールド 1960年代)を入手しました。

入力側のプラグは SwitchCraft RCA プラグ 3502 です。

出力側のコネクタは Neutrik XLR コネクタ NC3MXX-HE ベリクロームメッキ仕様です。

Dscf0007_r
1.5m×2本に仕上げてみました。

DAVEN のアッテネーターからウェスターンのパワーアンプまでを接続するケーブルにします。

ここには Neumann Mic Cable を使っていました。

これでライン・ケーブルとスピーカー・ケーブルは全て Siemens/Klangfilm 製となりました。

ウェスターンのケーブルに統一した時にも実感しましたが,ケーブルを同一メーカーに統一すると何か凄い音になりますね。

ウェスターンのケーブルにした時は凄い迫力のある音で吃驚しましたが,少し癖がありました。

Siemens/Klangfilm のケーブルに統一すると自然で美しい音がします。また,シンバルの音が「シャンシャン」ではなくて「チャリーンチャリーン」となり,私好みのシンバルの音です。

何かいい感じ…。

このケーブルだと1万円以内で製作できます。 何かとっても得した感じ…。



2013年9月 2日 (月)

やっぱりニセモノ?

Dscf0002_r_2
以前,ヤフオクで XLO のケーブルを落札しました。

Dscf0004_r
Dscf0005_r
作りもしっかりしているし,絶対に本物だと信じ込んでおりましたが…。

ですけれど,ネットではヤフオクのケーブルは殆どがパチモンという噂です…。

今回,押入れの中で眠っていたこのケーブルを Elgar の出力からコントロール・アンプの入力に接続して聴いてみましたが…。

音が良くありません!

XLO のケーブルだともっとシャープな音になると思っていましたが,何か柔らかくて締まりのない音になってしまいました。

以前もそう感じて押入れに仕舞い込んだはず…。

やっぱりニセモノなのか~…。

もうヤフオクはやめた!   信頼感が全くないもの…。

皆さんもこんな経験はありませんか?

コメントをお待ちいたしております。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30