« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

懐かしのフュージョン

大学在学中によく聴いたフュージョン(初期はクロスオーバーと呼ばれていました。)の音源を入手しました。

およそ35年振りになるのでしょうか?

昔はアナログLPで聴いていたのですが,今回はデジタルです。

One_on_one_r_2
一作目はボブ・ジェームス&アール・クルーの不朽の名作と思う「ONE ON ONE」です。

所謂,ハイレゾ音源でwebからダウンロードしました。

WAV 96kHz,24bit です。

Rhapsody_blues_r
二作目はザ・クルセイダースの「Rhapsody & Blues」です。

この作品についてはいろいろと探したのですけれど,ハイレゾ音源は見つからずに CD で入手しました。

Winelight_r
んで,三作目はグローバー・ワシントン・Jr.の「WINELIGHT」です。

この作品もハイレゾ音源でwebからダウンロードしました。

flac 192kHz,24bit です。

iTunesでは flacファイルは読み込めないので,WAV 192kHz,24bit に変換しました。



いや~,好いもんですね…。

なっ,懐かしい!

過去の気分も少し蘇ってきたような…。

ちょっと元気が出てきたような…。

フュージョンに対してはあまり良い印象はなかったのですけれど,この三作品は素晴らしいと思います。

当時,初めてJazz喫茶(かな?)に行って聴きました。

神戸の三宮にあった「クロスオーバー」というお店では

スピーカーに「JBL4343」,アンプに「マーク・レヴィンソン」,プレヤーに「EMT」そしてカートリッジに「オルトフォンSPU」という夢の装置で鳴らしていました。

また,学校の近くにあった「オブ・コース」というお店ではお爺さんとお婆さんが

スピーカーに「アルティックA7」,アンプに「マランツ」,プレーヤーに「マイクロ」そしてカートリッジに「エラック455E」という装置で素晴らしい Jazz を奏でていました。

そのお爺さんとお婆さんのお店でカートリッジを「シュアーV15TYPEⅢ」に交換している時がありましたが,全く良くなかった!

「エラック455E」の方が随分と上手く Jazz を鳴らすということを教えていただきました。

ここで「軽針圧のカートリッジ」は私の好みではないことを覚えました。

今,アナログの世界では「シュアーV15TYPEⅢ」が Jazz の再生では最高!という風潮がありますけれど,これはおかしいのではないか?  このような「軽針圧のカートリッジ」では「重い音」は出ません!  これはMM型でもMC型でも同じです。

デンオンの「DL-303」など,当時の高評価MC型カートリッジなんか全くといっていいほど低音が出なかった。

などと思い出してしまいました。

オーディオに夢と希望を抱いた素晴らしい時代でした…。


2014年3月22日 (土)

関西空港に行きました

愚息が大学の卒業記念旅行に「香港(Hong Kong)」に行くというので,関空まで付いて行きました。

P3170014_r

中国の通貨「元」に両替したみたいです。← 間違いみたいです。香港ドルとのこと!

では,関西空港の景色をお楽しみください。

P3170010_r
P3170029_r
P3170043_r
P3170045_r
P3170055_r

ここからは「りんくうタウン」で~す。

P3170059_r
P3170065_r

愚息は大学院に進むみたいです。

んで,現在は超お気楽生活を送っています…。

2014年3月21日 (金)

真空管のピンをクリーニングしました

P3210005_r
スピーカーの右側から「ボソボソ」とノイズが出るようになりましたので,真空管のピンとソケットの穴をクリーニングしました。

電圧増幅管の方は,先日クリーニングしましたので今回は除外しました。

P3210003_r
P3210006_r
P3210008_r
無水エタノールを綿棒に染み込ませて接触部分を綺麗に磨きました。

そのあと,ピンにスクアラン・オイルを少量塗りました。

これでノイズが無くなれば良いのですけれど…。

これでも駄目なら,スピーカーのアッテネーターかなぁ…。

2014年3月14日 (金)

USBケーブルを交換しました

P3130018_edited1_r
iMac と RME の Fireface UC との接続はUSBケーブルで行います。

当初,オーディオ用のUSBケーブルはあまり多くの種類は発売されていませんでした。

んで,その時選択したのは TRANSPARENT のパフォーマンスUSBオーディオケーブル(PUSB) 2m でした。(お値段もお手頃でした…。)

最近,もう少し解像度が良くて低音の締りがあるUSBケーブルがないかなぁと探していました。

いや~,みんな高価ですねぇ…と吃驚してしまいました。

P3130001_edited1_r
P3130011_edited1_r
その中で,割合とお手頃価格で最近発売された aet の EVO-0508 1.5m がええんじゃないかと取り寄せました。

USBケーブルで音も変わるもんですね…。

アナログ用のケーブルよりもデジタル用のケーブルの方が変化幅が大きいように思います。

国内生産,国内加工の良い面が反映されているようです。

日本も「ものづくり」を真剣に考えて再開しないと,ダメになってしまいますよ!


2014年3月 4日 (火)

春が来た

椿が咲いていたのでパチリ!

P3040004_edited1_r
P3040009_edited1_r
ついでに中央公園まで梅の花を撮りに行きました。

色んな効果があるのでお勉強…。

P3040021_edited1_r
P3040027_edited1_r
P3040046_r
P3040055_edited1_r
P3040067_r
P3040068_edited1_r
P3040071_edited1_r
P3040078_edited1_r
花より葉のない木の方が好みなのはちょっとおかしいのでしょうか?

P3040087_edited1_r
P3040089_edited1_r

憧れの光ケーブル

P3040003_r
デジタルメディアトランスポートの出力ケーブルを同軸メタルケーブルから光ケーブルに変更しました。

光ケーブルには一種の憧れを抱いていましたから…。

ONKYOのデジタルメディアトランスポート「ND-S1」の価格が約1万円ほどだと思いますので,それに似合った価格の光ケーブルを導入しました。

デジタルメディアトランスポート本体の価格より高いケーブルなど,大変おかしいですからね…。

P3040002_r
AUDIOTRACの Glass Black Ⅱ+ 1.5m で~す。 お値段は 6780円で~す。

メタルケーブルより,音質的に劣ると言われる光ケーブルですが結構良い音がするものです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31