« 高野山へ連れて行ってもらいました | トップページ | 久し振りの JBL UT-045Be »

2014年12月20日 (土)

PCオーディオのすすめ

PCオーディオを始めて,もう随分の時間が経ちました。

その間に,SACD/CDプレーヤーは隠居生活に退き,アナログ・レコードにも関心は向きませんでした。

結果,入力機器はPCトランスポートのみとなりました。  そうそう,iPod もありましたね。

その理由は PCオーディオ の音が好いからです。

私は感じるのですけれど,CDはもちろんとしてSACD・アナログLPのどれよりもPCオーディオは音が良くなる可能性を秘めているのではないかと…。

ハイレゾ音源もDSD音源も再生出来ます!

ですけれど,ミュージックプレーヤーだけでは少し味気ないのです。

AU(オーディオユニット)が是非とも必要です。

AUとはソフトのイコライザーやリバーブなどです。

これらを上手く使えば,それはそれは素晴らしい音が出てきますよ!

Pc160002edit_r
上の画像は,私の iMac で~す。

ミュージックプレーヤーは Audirvana+ です。

その中には,Waves のAUが組み込まれています。

iTunes の使い勝手の良さが活かされるのも素晴らしい!

Pc160019edit_r
上の画像は iPod です。

iPod にのみ記録している音源がありますので,それ専用です。

Pc160010edit_r
上の画像はCDドライブです。

CD専用(!)です。

Pc160012edit_r
上の画像はHDドライブです。

容量は 2TB です。 電源は写っていませんけれど専用のアナログ電源を使っています。

Pc160008edit_r
上の画像はUSBオーディオ・インターフェイスの RME Fireface UC です。

iMac のUSB出力を SPDIF コアキシャルに変換するために必要です。

右に置いているのは専用アナログ電源です。

Pc160018edit_r
上の画像はルビジウム・アトミック・クロック(原子時計)です。

10MHz の周波数を出力しています。

Pc160016edit_r
上の画像は Antelope のマスタークロック・ジェネレーターです。

これは使い易いです。機能が単純ですから…。

Pc160004edit_r
上の画像はDACの dCS Elgar です。

本当に音の良いDACで~す。

Pc160005edit_r
dCS Elgar の脚はカーボンとアラミド繊維のハニカムとJ1プロジェクトの組み合わせを使っています。

Pc160013edit_r
最後はDACの出力をWEのライン・トランスを通してからコントロールアンプに入力しています。

以上で満足しています。

チャンチャン!

« 高野山へ連れて行ってもらいました | トップページ | 久し振りの JBL UT-045Be »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/60837595

この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオのすすめ:

« 高野山へ連れて行ってもらいました | トップページ | 久し振りの JBL UT-045Be »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30