« WEのケーブル解禁 | トップページ | 本日の「テラちゃん」 »

2016年5月15日 (日)

嗚呼 “YAMAHA NATURAL SOUND SPEAKER SYSTEM”

Topmain1r
私は過去に(二十歳の頃からおよそ10年間),YAMAHA NS-1000M を使っていました。

NS-1000M は当時,一本 108,000円でした。

大学生の頃に電気屋さんでアルバイトして,やっと念願のこのスピーカーを手に入れた時の感動は今でも忘れられません。

本当に美しい中・高域を聴かせてくれました。

ちょっとウーハーのコーン紙が重くて,低音は出にくかったですけれど…。

今思えば,ケンウッドのプリメインではなくて,サンスイのプリメインにすればもっと低音が良く鳴ったと思います。

30歳になった記念として,価格が倍ほどのダイヤトーンのスピーカーにしましたがこれは間違いでした。

ダイヤトーンは確かにカタログに掲載されているグラフや数値は高性能でした。

でも,音楽は鳴らしてくれませんでした。

YAMAHA の方がずっと楽しく音楽を鳴らしてくれたような気がします。

1509240201r
1509240202r
もうすぐ,YAMAHA から“NS-5000”が発売されます。

一本 750,000円だそうです。

聴いてみたいなぁ…。

« WEのケーブル解禁 | トップページ | 本日の「テラちゃん」 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/63635966

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼 “YAMAHA NATURAL SOUND SPEAKER SYSTEM”:

« WEのケーブル解禁 | トップページ | 本日の「テラちゃん」 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30