« お彼岸のお墓参りに行って来ました | トップページ | 高野山に連れて行ってもらいました »

2016年11月 7日 (月)

スピーカー・ケーブルの見直し

ライン・ケーブルの入れ替えに伴って,スピーカー・ケーブルも見直しました。

現状はクラングフィルムのケーブルをメトロゴン本体とスーパー・ツィーターに使用しています。

ところがクラングフィルムのケーブルは穏やかな音で,特に高音が丸くなるようで少々物足りなさを感じていました。

Pb010017editr
んで,以前使って好結果をもたらしたWE(A.I.W)のケーブルをメトロゴン本体につないでみると「バッチ・グー」な音になりました!

Pb010001editr
んでんで,以前スーパー・ツィーターは純正のネットワークを使用すると高域がきつくて聴いていられないために自作のネットワークを製作して聴いていました。

高域が大人しくなるクラングフィルムのケーブルを使って,純正のネットワークを使用すると「バッチ・グー」になるかも……。

ということで純正のネットワークを久し振りに出してみました。

「ギョッ!」  クロスオーバー周波数とレベルを切り替えるスイッチのプラスチック部分が割れてしまっていて,空回りしてしまいます。

それも,四つ全部が割れてしまっています。

Pb040006editr
過去にも割れてしまって,メーカーから新品を取り寄せて自分で交換した記憶があります。

新品の部品が一個だけ残っていました。

Pb040007editr
一個ではどうにもならないので,自分で修理しました。

瞬間接着剤でくっつけて,結束バンドで締め付けます。

Pb040009editr
無事に直りました。  嗚呼,よかった!

Pb040014editr
Pb040011editr
Pb040017editr
クラングフィルムのケーブルでつないで聴いてみると…。

「バッチ・グー」なバランスで鳴り始めました。

よかった,よかった…。

« お彼岸のお墓参りに行って来ました | トップページ | 高野山に連れて行ってもらいました »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570071/64456752

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカー・ケーブルの見直し:

« お彼岸のお墓参りに行って来ました | トップページ | 高野山に連れて行ってもらいました »

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30