« 2019年7月 | トップページ

2019年9月

2019年9月25日 (水)

『ええ(素晴らしい)ケーブルを入手』 および 『えらいこっちゃ!』

AudioCableCraft というケーブル・メーカーさんをご存じでしょうか?

私はヤフオク!で試作品を入手して,初めて知りました。

P8080001r

“ハイエンドクラス・オーディオケーブルの音質"を"手の届きやすい価格"で提供することをコンセプトとしている

オーディオケーブルの専門店という新しいお店です。

ここで提供されるすべてのケーブルに使用されているAEC社の『aecoのRCAプラグ(The STARS) 』が素晴らしい!

有名ブランドの高価なプラグ(ETI社のバレットプラグだと思う。)を凌ぐ音質・高級感を持っているように感じます。

また,提供されるすべてのケーブルの導体は5N(純度99.999%)以上の高純度の銀に,同じく5N以上のクラスの貴金

属を配合した非常に高品質な線材(単線・撚り線)が使われているそうです!

私のケーブルの導体は試作品ということで『オーグライン』を使っているそうです。

『オーグライン』は以前からずっと聴いてみたいと考えていましたので,すぐに落札してしまいました。

ケーブル長は53cmですので,接続箇所は限られています。

私の場合はマッチング・トランスとパワー・アンプの入力側アッテネーター間の接続としました。

ケーブルが細くてデリケートなので丁寧な作業が必要ですね。

一か月ほどエージングとして聴いてきましたが,

高域はスピード感やキレがある一方で,美しい“艶”を感じさせてくれます。

低域は引き締まった音と量感のある音が見事に両立しているように感じます。

中域は生に近くて,リアルに感じられるヴォーカルが素晴らしくてどこかのクラブで聴いているような感

じです。

いや~,好い感じのケーブルです。💕

ところで,『えらいこっちゃ!』なことが起こってしまいました。

RMEの“Fireface UC”が壊れてしまいました・・・・・・・・・。

“Fireface UC”はD/Dコンバーターとして,iMacとDACの橋渡しをしていました。

iMacからのUSB出力をDACへ入力可能なSPDIF出力に変換する機械です。

4r

5r

6r

“Fireface UC”は独逸RME社の製品で,made in Germanyを信じて購入したのですけれど…。

確かに作りは堅牢ではあるのです。ただ,背面の入出力端子が背面パネルに固定されているのではなくてプリント基板に

固定されています。所謂,グラグラでペラペラな入出力端子群なんですぅ~。

NBSの硬いデジケーをSPDIF出力のRCA端子につないでいたら,グラグラになって取れてしまいました・・・・・・・・・。

んで,何とかカバーを外して,細い75Ωの同軸ケーブルをプリント基板に直接半田付けして使っていました。

調子よく使い続けていたのですけれど,突然音が出なくなってしまいました・・・・・・・・・。👀

“Fireface UC”は本来はデジタル・ミキサーなのでDACも内蔵しており,超多機能な機械です。

超多機能なため,D/Dコンバーターとして使うには操作性が非常に分かりづらい機械です。

つないで音が出るまでに,一昼夜ぐらいかかったように記憶しています。

 

D/Dコンバーターとして選んだ次機種は“M2TECHのHiFace Evo Two”というD/Dコンバーター専用の機械です。

made in ITALYで~す。

1r_20190926091601

2r_20190926091601

3r_20190926091601

外部クロック入力があって,外部電源が使えるものは少ないんです!現状,D/Dコンバーターの機種は少ないんです!

新しいDACは殆どUSB入力が用意されているものねぇ。

これ,非常にコンパクトであるのに高価なんです。

いや~,参った参った。

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31