プラモデル

2013年4月25日 (木)

ポルシェ用のアクリル・ショーケースが届きました

Dscf0002_r
1/12 ポルシェ カレラ GT 用のアクリル・ショーケースが届きました。

今回も「透明堂」というお店です。

フェラーリの場合は車体色【赤】に合わせてベースの色は【ブラック】としました。

今回のポルシェの場合は車体色【黒】に合わせてベースの色は【レッド】としました。

Dscf0015_r
Dscf0007_r
Dscf0019_r
ええ感じでしょう?

ここ最近,加齢による体力の衰えをものすごく感じます。

若い頃のようにスピーカーの裏板を外して,ユニットを交換したりなんかはもう絶対に無理でしょう…。

何をするのも「億劫」です。一日中,寝ていたいような…。

でも,朝早くに目が覚めてしまいます。

寝るのにも「体力」が必要なことを知りました。

チャンチャン!

2013年4月16日 (火)

ポルシェ カレラ GT のインレットマークが届きました

Dscf0004_r
ワックスで磨いている時に引っ掛けて飛んでいったインレットマークの「GT」が届きました。

流石,TAMIYAさんは対応が早い!

中国のDRAGONなんて,まだ届きません。。。(もう8ヶ月待っているのですけれど…)

下の画像はインレットマークの「GT」が飛んでいってしまった状態です。

Dscf0006_r
下の画像はインレットマークを貼り直した状態です。

Dscf0012_r
ついでですので,完成車の細部も撮影してみました。

Dscf0020_r
Dscf0023_r
Dscf0013_r
Dscf0034_r
Dscf0044_r
Dscf0030_r
Dscf0032_r
Dscf0041_r
Dscf0026_r
以上,お粗末様でした。

制作意欲を掻き立てる対象プラモを考えてみましたが,全然思いつきません…。

やっぱ,オーディオに戻ろうか?

皆様には報告していませんでしたが,新年のセールで「Audirvana Plus」をゲットしていました。

Ver.1.5になると,オーディオ・プラグインが使えるようになると書いてありましたので…。

ちょっと楽しんでみようかな?




2013年4月12日 (金)

ポルシェ カレラ GT ほぼ完成!

Dscf0004_r

1/12 ポルシェ カレラ GTがほぼ完成しました。

「ほぼ」というのは,車体の後ろに付いている「CARRERA GT 」のマークの「GT」の文字がワックスを塗っているあいだに剥がれて飛んでいってしまったからです…。(ガーン)

またTAMIYAさんから購入しなくっちゃ…。もうお金がないのにっ!

Dscf0001_r
Dscf0005_r
Dscf0007_r

Dscf0014_r_2
Dscf0024_r_2
Dscf0032_r_3
Dscf0040_r_2

今回はわりと早く完成しましたね。1ヶ月ちょっとくらい…。

やっぱ,黒のポルシェはええなぁ~。

アクリル・ケースはお金が貯まったら購入しよう。

もうこれでプラモは終りにしようかな?

1/12のポルシェへのリベンジも果たしたし…。

それともミリタリーものに戻ろうか?

オーディオにももうちょっと注力したいしなぁ…。


2013年4月 1日 (月)

ポルシェ カレラ GT お~,随分と進んだよ!

Dscf0003_r
現在製作中の「ポルシェ カレラ GT」の進捗状況で~す。

車体内部はほぼ完了して外装に進んでいます。

Dscf0006_r
車体色はやっぱりフェラーリの「赤」よりも今回の「黒」の方が若干塗りやすいように思います。

サーフェイサーは「黒」のものを使用しています。

フロントガラスも割合うまく取り付けられたので良かったです。

この透明部品の取り付けが難しいんです。

接着剤がはみ出したり,塗料が付いたりともう大変です。

そんな時はコンパウンドで磨くと綺麗になるようです。

あわてない,慌てない…。

2013年3月20日 (水)

ポルシェ カレラ GT のエンジンルームがほぼ完成!

Dscf0003_r
ポルシェ カレラ GT のエンジンルームがほぼ完成しました。

ええ感じで出来ました!

エンツォ・フェラーリより新しい分,若干作り易くなっているように思います。

Dscf0001_r
Dscf0010_r
Dscf0014_r
完成までまだまだでんな~。

2013年3月 4日 (月)

TAMIYA 1/12 PORSCHE CARRERA GT

Top_r
TAMIYAさんのサイトから画像をいただきました。

1/12 PORSCHE CARRERA GT です。

車体色は6種類あるそうです。

「ブラック」,「ガードレッド」,「ファイアンスイエロー」,「シルバーメタリック」,「バサルトブラックメタリック」,「シールグレイメタリック」の6色だそうです。

やっぱ,艶々の黒だなぁ~。

Dscf0002_r
Dscf0007_r
Dscf0004_r
Dscf0005_r
Dscf0008_r
ダイキャストのアンダーパネルも凄い!

何かフェラーリよりも新しい分,作り易そうに見えます。

ええでんな~。

2013年3月 1日 (金)

アクリル・ケースが届きました

Img_4513_r
アクリル・ケースが無事に届きました。

すごく質感が良いです。

重量があって,丈夫そうで,透明感が素晴らしい!

Img_4497_r
Img_4503_r
Img_4518_r
今日は「春一番」が吹いています。

ベランダに置いているチューリップの鉢が落下して,殆どのチューリップの茎が折れてしまいました。

一本だけ無事でした。

可哀想なことをしてしまいました…。


2013年2月22日 (金)

エンツォ・フェラーリ 完成!

Img_4440_r_r
スライドマークとエッチングパーツはすぐに届きました。

流石,TAMIYA!中国のドラゴンモデルとはえらい違いです…。

ドラゴンモデル製のTIGERⅠにはエッチングパーツの金網が二つ入っておらず,Webから送付してもらうように手配したのですけれど,昨年の9月から待っていてもまだ届きません…。もう諦めたほうがよろしいのでしょうか?

んで,これでエンツォ・フェラーリは無事に完成で~す。

夜のフェラーリを撮ってみました。

Img_4458_r
Img_4478_r
Img_4483_r
Img_4485_r
Img_4494_r
Img_4448_r
Img_4477_r
Img_4466_r
アクリル・ケースはTAMIYAのディスプレイ・ケースLが15,750円ととっても高価ですので,今回はイージーオーダーしました。

透明堂」というお店です。

アクリル5mm厚を選択してもTAMIYA製よりお安いのです。

そして質感も随分と良いのではないか?と思い,発注しました。

一週間ほどで届くようです。

楽しみだな~。

次もTAMIYA製 1/12 真っ黒なポルシェ カレラ GT を作ってみようかな?

購入資金を貯めなくっちゃ…。

2013年2月15日 (金)

エンツォ・フェラーリ 遂に完成か?

Img_4437_r
1/12 エンツォ・フェラーリがとうとう完成かな?

途中,持ち運んでいる時に落下させて壊れたりもしました!(前部バンパー破損のみで済んで良かった…。)

だだ,何枚かスライドマークを貼るのを失敗しました。(昔は失敗しなかった…。昔より随分とスライドマークが薄くなっている?)

また,後部エンジンルームのカバーの金網(エッチングパーツ)がエンジンルームに落下して,行方不明となってしまいました。(これこそ神隠し以外は考えられへん!)

んで,スライドマークとエッチングパーツは現在注文中で~す。

Img_4408_r
Img_4412_r
Img_4420_r
Img_4426_r
Img_4429_r
いや~,作り応えがありました…。

全体をワックスで磨き上げました。

初めて 1/12 のビッグサイズの車を完成させました。

やっぱ,中学生では無理だったのかも知れません…。

あとは部品が届いたら組み立てて,アクリルケースを購入して飾れば終り…。

次は何をしようかな?

ずっと心残りだったプラモデル(1/35 TIGERⅠ や 1/12 のビッグサイズの車)への挑戦は終りました。

いや~,楽しかった,楽しかった。

少しオーディオの機嫌を伺おうと思います。

2013年2月 9日 (土)

フェラーリ途中経過その2

エンツォ・フェラーリの前部とドア部の外装が出来ました。(*^m^)

外装の塗装は白のサーフェイサーを吹き付けてから,ピュアレッドを吹き付けました。

やっぱり,赤の塗装は難しいですね。

その後,細目と仕上げのコンパウンドで磨いてから,仕上げにモデリング・ワックスを塗布しました。

光沢のクリアーを上塗りに使用しようとしましたが,白く濁ることがあるので中止しました。

Img_4382_r
Img_4384_r
Img_4387_r
Img_4389_r
Img_4391_r
Img_4393_r
Img_4394_r
Img_4396_r
後は後部と下部を残すのみです…。


フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31